合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットというとやはり集団生活というところが挙げられます。見ず知らずの人たちと2週間から3週間過ごすために、馴染めなかったらどうしようかと不安になるものです。しかし、参加者はみな免許を取得するという同じ目的で集まっているために、自然と結束力も出てきて仲良くなりやすいということが多いです。また、終日ずっと誰かと一緒に過ごすということに抵抗がある人は宿泊する施設を個室にしたり、友人と参加したりすれば少し不安が解消できます。

もう一つ覚えておくべきデメリットとして追加教習になる場合があるということです。もしも、試験に落ちてしまうと卒業をすることができなくなってしまい教習期間が長くなってしまいます。そうすると宿泊日数も増えてしまいますし、教習も追加で受けることになりますし、試験料も追加で支払うことになります。宿泊日数が増えれば宿泊費も発生しますし、人によっては帰宅後のアルバイトや学校にも支障が出てしまうことがあります。そこで、もしも予定通りに卒業できなかったことを見越してスケジューリングをしておいたり、あらかじめ追加講習や延泊が保障されているプランにしておいたりすれば追加料金を最低限にすることもできます。


合宿免許のメリット

合宿免許のメリットは料金と取得期間の短さです。合宿費用については、宿泊費や食費まで含まれて20万円から25万円が相場です。もちろん、参加するプランや参加する時期によっても差が出てきてしまいますが通学型の費用に比べて5万円から10万円近く費用を抑えることができることがあります。そして、合宿の期間は2週間から3週間と、通学型の最短日数よりも短い期間での取得ができます。毎日教習スケジュールが組まれており、毎日学科と技能の勉強ができることで運転知識やスキルも身につけやすいです。

また、合宿免許というのは郊外で合宿が実施されることで車が少なく広い道で教習を受けることができます。そのため、運転に苦手意識がある人にとっては自分の運転に集中できること、交通ルールのような学科で学んだことを復習しながら運転する余裕があることで、免許取得後に実際の路上で運転するときに役立つ知識や習慣をしっかりと身につけることができます。特に運転に苦手意識がある人は、路上で上手に走ることができたという成功体験ができることは苦手意識の払拭にとても重要です。

他にも様々な地域や年齢層の人たちが集まることで普段は出会えないような人たちと出会える点もメリットです。中には教習が終わってからも連絡を取り合うくらい気の合う人と出会えることもあります。


合宿免許を検討する

仕事を持っている方や家事が忙しい主婦の方にとっては難しいかもしれませんが、学生の方などある程度まとまった休みが取れる方にお勧めなのが合宿免許です。自動車免許は多くの方が取得しており、就職の条件として運転免許が必要という求人はほとんどといえるでしょう。そんな現代ですが、運転免許取得には時間がかかります。少しずつ時間をかけて取得を目指していく教習所に通うやり方だとやる気になれないという方は合宿免許を選択してみてはいかがでしょうか。合宿免許は短期集中で運転免許の取得を目指す方法です。しかしどういったものなのかわからないという方もいることでしょう。そんな方のために、このサイトでは合宿免許について説明しています。合宿免許の良さを知って今後運転免許を取得しようと考えている方は検討をしてみて下さい。

合宿免許のメリットとしては旅行気分で運転免許取得を目指すことができるという点です。住んでいる地域以外でしばらく生活し、免許取得のために学科の勉強をしたり運転をしたりします。休日にはその土地で名物を見たり食べたりと旅行者気分になれます。少しでも関心がある方は合宿免許について考えてみるといいでしょう。ただ他の地域で生活をするというと費用が多くかかってしまうのではないかと思う方も多いことでしょう。合宿免許では費用の面でもメリットがあり、比較的リーズナブルに利用することができます。ですから費用を気にすることなく楽しんで勉強ができると言えるでしょう。