合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットというとやはり集団生活というところが挙げられます。見ず知らずの人たちと2週間から3週間過ごすために、馴染めなかったらどうしようかと不安になるものです。しかし、参加者はみな免許を取得するという同じ目的で集まっているために、自然と結束力も出てきて仲良くなりやすいということが多いです。また、終日ずっと誰かと一緒に過ごすということに抵抗がある人は宿泊する施設を個室にしたり、友人と参加したりすれば少し不安が解消できます。

もう一つ覚えておくべきデメリットとして追加教習になる場合があるということです。もしも、試験に落ちてしまうと卒業をすることができなくなってしまい教習期間が長くなってしまいます。そうすると宿泊日数も増えてしまいますし、教習も追加で受けることになりますし、試験料も追加で支払うことになります。宿泊日数が増えれば宿泊費も発生しますし、人によっては帰宅後のアルバイトや学校にも支障が出てしまうことがあります。そこで、もしも予定通りに卒業できなかったことを見越してスケジューリングをしておいたり、あらかじめ追加講習や延泊が保障されているプランにしておいたりすれば追加料金を最低限にすることもできます。